全て/総て/凡て/すべて

意味

すべてとは、全部。ひとつも残さずみんな。ことごとく

すべての語源・由来

すべては、多くの物をひとつにまとめる意味の動詞「統ぶ(すぶ)」「統べる(すべる)」の連用形に、接続助詞の「て」が付いた語。
古くは、「一般的にいって」「総じて」の意味や、下に打ち消しの語を伴って「全然」「まったく」も意味した。

すべての類語・言い換え

全部/一切/一切合切/皆/皆が皆/オール/何もかも/何から何まで/なんでもかんでも/すっかり/そっくり/ごっそり/丸ごと/丸々/悉く/悉皆/皆ながら/限り/ある限り/残らず/残りなく/一円/漏れなく/余すところなく/余さず/根切り葉切り/くまなく/洗いざらい/根こそぎ/しらみつぶし/根掘り葉掘り/逐一/一部始終/一から十まで/細大漏らさず/並べて/押し並べて/総じて/あまねく猫も杓子も/こぞって/全員/森羅万象/天地万物/天地万有/天地万象/古今東西/全体/総体/全般/万般/万端/万事/トータル/全数/合計/総数/総量/都合

TOP