ガリ/がり

    意味

    ガリとは、ショウガを薄切りにして熱湯に通し、甘酢に漬けたもの。すしなどで直しに添える。平ガリ。

    ガリの由来・語源

    ガリは、噛んだ時の「ガリガリ」というが語源である。
    古く、大きな生姜をガリガリと噛んで食したことから、生姜そのものを「ガリ」と呼んでおり、のちに、甘酢に漬けた生姜の呼称になったともいわれる。
    ガリはの臭みを消すため口直しになるほか、殺菌作用があるため食中毒を防いだり、辛味成分の「ジンゲロール」によって、食欲増進や生魚で冷えたを温める効果がある。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。