金に糸目をつけない/かねにいとめをつけない

    意味

    金に糸目をつけないとは、惜しげもなくいくらでもお金を使うこと。金に糸目をつけぬ。

    金に糸目をつけないの由来・語源

    糸目とは、揚げたのバランスをとるため、表面につける数本の糸のこと。
    糸目をつけていない凧は制御できないため、に任せて飛んでいってしまう。
    そんな糸目をつけていない凧にたとえ、制限なくお金を使うことを「金に糸目をつけない」というようになった。

    凧の糸目

    注)あくまで凧の糸目の参考画像です。
    角凧の四隅に糸目を付けると凧は揚がりません。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。