殿/しんがり

    意味

    しんがりとは、退却する軍隊の最後尾にあって、追撃する敵を防ぐ役。列や順番などの一番あと。最後尾。

    しんがりの語源・由来

    しんがりは、最後尾で行動する意味の「しりがり(後駆)」が変化した語。
    しんがりの同義語には、「後備え(あとぞなえ)」や「殿軍(でんぐん)」、「しりはらい(尻払い)」が変化した「しっぱらい」がある。
    最後尾を意味する「しんがり」を漢字で「殿」と書くのは、「殿」が「臀」の原字に通じる文字で、「尻」の意味を持つことからである。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。