蝸牛角上の争い/かぎゅうかくじょうのあらそい

意味

蝸牛角上の争いとは、小さな者同士の争い。つまらない事で争うことのたとえ。

蝸牛角上の争いの語源・由来

蝸牛角上の争いの「蝸牛」とは、カタツムリのこと。
カタツムリの左角に国を持つ触氏と、右角に国を持つ蛮氏が、角の上で領土争いをしたという『荘子(則陽)』の寓話から出た言葉

蝸牛角上の争いの類語・言い換え

蝸角の争い/蝸牛の角の争い/蝸牛角上/蛮触の争い/蛮触の戦い/かたつむりの角争い/蝸牛の角の上に何事かを争う/コップの中の嵐/つまらない争い/不毛な争い/無意味な争い/無益な争い/小競合い/蛙鳴蝉噪

TOP
テキストのコピーはできません。