ハムスター/hamster

ハムスターの意味

ハムスターとは、ネズミ目キヌゲネズミ亜科の哺乳類。約25種。体長約15cm。モルモットに似るが短い尾がある。ふつう、ゴールデンハムスターをいう。

ハムスターの由来・語源

ハムスターの語源は諸説あるが、「溜め込む」を意味するドイツ語「hamstern(ハムステルン)」に由来する説が有名である。
「溜め込む」を意味する言葉が「ハムスター」になったのは、大きな頬袋を持つのが特徴で、その中に餌を蓄えることからといわれる。
しかし、ドイツ語の「hamstern」は食べ物を溜め込むハムスターの習性から生まれた語で、ハムスターの語源は、古ドイツ語で「強欲で大食い」を意味する「hamustra」に由来する説が有力との見方もある。
1930年にシリアで捕獲され、飼い慣らされたものの子孫が、ペットとして飼われる中で最も有名なゴールデンハムスターである。

「ハムスター」の種類・別名

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。