差し金/さしがね

意味

差し金とは、陰でをそそのかし操ること。

差し金の由来・語源

差し金の語源には、ふたつの説がある。
ひとつは、歌舞伎で、黒塗りの竿の先に針金をつけ、チョウやなどの小動物を操るための小道具を「差し金」と言ったことから。
もうひとつは、人形浄瑠璃で、人形の手首やを動かすのに用いる細いを「差し金」と言ったことから。
このうち、歌舞伎の小道具の説が一般的であるが、陰で舞台を操る意味から転じたことで共通するため、どちらが現在の「差し金」に由来するとは断定できない。

「差し金」の類語・言い換え

1

2

TOP