金輪際/こんりんざい

意味

金輪際とは、決して。絶対に。二度と。後に打ち消しの語を伴なって用いる。

金輪際の語源・由来

金輪際は、仏教用語に由来する。
「金輪」は三輪と呼ばれるもののひとつで、大地の世界を意味し、その下に水輪、風輪と続き、さらに虚空があるとされる。
金輪際は、金輪と水輪の接する部分で、金輪の最も奥底にある場所を意味した。
その意味から、金輪際は「底の底まで」「とことんまで」という意味で用いられるようになった。
江戸時代の滑稽本『東海道中膝栗毛』に「聞きかけた事は金輪際聞いてしまはねば気がすまぬ」とあるように、打ち消しを伴なわない表現がされていた。
現代では、「金輪際◯◯しない」など下に打ち消しの語を伴なって、「決して」「断じて」の意味として用いられるようになっている。


TOP