天の川/あまのがわ

天の川の意味

天の川とは、銀河系の無数の恒星が集まり、球の大円に沿って帯状に見える光。銀河。銀漢。天漢。雲漢。

天の川の由来・語源

「天の川」の呼称は、夜空に帯状に光るの集まりを、天空の川に見立てたもの。
天の川の別名「銀漢」や「天漢」の「漢」は川の名を表す字で、元々はのない銀河をいった。
七夕伝説では、7月7日に牽牛と織女が天の川を渡って年一度出会うという。

「天の川」の別名・類語

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。