泉/いずみ

意味

泉とは、地中からが湧き出るところ。また、その水。湧泉。湧水。湧き水。物事が出てくるところ。源。

泉の由来・語源

『和名抄』にも「出水 伊豆美(「伊豆美」は読み)」とあるように、泉は外に出る意味の「いづ(出づ)」と「み(水)」からなる語。
「知識の泉」など「物事の現れる元」や「源」を表すのは比喩的表現であるが、「源」も「水な元(水の元)」が語源なので、比喩的に用いるのは特別なことではない。

漢字の「泉」は、丸い穴から水の湧き出るさまを表した象形文字である。
また、「和泉」と書いて「わいずみ」ではなく「いずみ」と読む。
これは地名を二字で表すことが佳字とされたため「和」の字が加えられたもので、姓に「和泉(いずみ)」が用いられるようになったのは、地名からの派生である。

【関連リンク】
「池」「沼」「湖」「泉」「沢」「潟」の違い


TOP