胡散臭い/うさんくさい

意味

胡散臭いとは、何となく怪しくて疑わしい。

胡散臭いの語源・由来

胡散臭いは、怪しいさまを意味する「胡散」に、「らしい」を意味する接尾語の「臭い」をつけて形容詞化された語で、近世以降に見られる言葉である。
胡散の語源には、「疑わしい」を意味する漢語「胡乱うろん)」からとする説。
茶碗の一種で、の釉(うわぐすり)をかけた天目茶碗の「烏盞(うさん)」が転じて、「胡散」になったとする説があり、このいずれかと考えられる。
その他、ポルトガル語で「怪しい」を意味する「Vsanna(ウサンナ)」からとする説もあるが、「胡散」の語が使われ始めた時代と合わない。
また、香辛料の名前の名前という説もあるが、そのような名前の香辛料や薬が実在した文献が見当たらない。
胡散の「胡」を「う」と読むのは唐音、「散」を「さん」と読むのは漢音のため、「胡散」は和製漢語と思われる。

胡散臭いの類語・言い換え

疑わしい/怪しい/訝しい/いかがわしい/きな臭い/臭い/臭う/わざとらしい/くさい/っぽい/腑に落ちないおかしい/怪訝に思う/違和感を感じる/鵜呑みにはできない/信用できない/眉唾眉唾物/不審に思う/嫌疑/胡乱/不確か/不透明/不自然/変/半信半疑/引っかかる

TOP