白河夜船/白川夜船/しらかわよふね

意味

白河夜船とは、何も気がつかないほどぐっすり眠ること。熟睡していて何も気づかないこと。知ったかぶり。

白河夜船の由来・語源

白河夜船の「白河」は京都の地名で、古くは賀茂川と東山との間の地域をいった。
京都見物をしたとをついたが白河のことを聞かれ、川の名前と思い込み、「夜にで通ったから知らない」と答えたため、嘘がばれてしまった。
この話から、何もわからないほど眠り込むことを「白河夜船」と言うようになった。
実際は行っていないのに行ったふりをしたであることから、「白河夜船」は知ったかぶりの意味で用いられることもある。

「白河夜船」の類語・言い換え

1

2

TOP