芋を洗うよう/いもをあらうよう

意味

芋を洗うようとは、人出が多く混み合っているさま。

芋を洗うようの語源・由来

芋を洗うようの「芋」は、じゃがいもさつまいもではなく、里芋のこと。
桶などにたくさんの里芋を入れ、交差したでかき混ぜて洗うさまから、多くので込み合っている様子のたとえとなった。
「芋の子を洗うよう」ともいう。

里芋を洗う様子


芋を洗うようの類語・言い換え

芋の子を洗うよう/溢れ返る/混み合う/ごった返す/立錐の余地もない/立錐の地なし/黒山のよう/すし詰め/ぎゅうぎゅう詰め/揉みくちゃ/押し合いへし合い/おしくらまんじゅう/身動きが取れない/雑踏/ひしめく/混雑/大混雑/満員/超満員/一杯/満杯/パンパン/ラッシュ/過密/メチャ混み/激混み/人混み/人垣/大入り/殺到/人波

TOP