立錐の余地もない/りっすいのよちもない

意味

立錐の余地もないとは、や物が詰まっていて、少しの隙間もないこと。立錐の地なし。

立錐の余地もないの由来・語源

立錐とは、に穴を空ける道具「錐(きり)」を立てること。
立錐の余地もないは、細い錐が立つだけの余地すらなく、ぎっしり詰まって隙間もないという、狭い土地をたとえたものであった。
そこから、人や物が詰まっていて、隙間のないことを「立錐の余地もない」と言うようになった。
出典は中国『史記』の「滑稽伝」で、「いまや秦は六国の子孫を滅ぼして、立錐の地さえないようにした」から広まった。


TOP