カーディガン/cardigan

意味

カーディガンとは、毛糸やニットで作られ、襟がなくあきでボタンのついた上着。

カーディガンの由来・語源

カーディガンは、考案者である英国のカーディガン伯爵の名前に由来する。
1853年~56年のクリミア戦争で負傷した際、イギリス陸軍カーディガン7世が、セーターを前あきにしてボタンでとめられるようにし、保温のために軍服の上に重ね着したのが始まりといわれ、そこから「カーディガン」の名がついた。
現在では、老若男女を問わず着られる服となっているが、かつてカーディガンは英国紳士のファッションであった。


TOP