殺陣/たて

殺陣の意味

殺陣とは、演劇や映画・テレビなどで、斬り合い・乱闘・捕物などの演技や場面。立ち回り。

殺陣の由来・語源

たての語源には、目立つようにする意味の「立てる」の名詞形「立て」からや、「太刀打ち」の「太刀」が変化したとする説もあるが、歌舞伎で「立ち回り」を略した「立ち」に由来すると考えるのが妥当である。

漢字の「殺陣」は、陣をなしているの中へ斬り込んで殺すことに由来し、本来の読みは「さつじん」である。
「殺陣」と書いて「たて」と読むようになったのは、新国劇の座長であった沢田正二郎が、座付き作家の行友李風に公演演目を「殺人」と提案したところ、「じん」に「陣」を当てた方が良いとなり、1936年(昭和11年)公演で『殺陣田村(たてたむら)』として演じられたことから一般にも広まったものである。
それ以降、「殺陣」の読みは「さつじん」よりも「たて」が一般的となった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。