贔屓/ひいき

    意味

    贔屓とは、気に入ったを特に可愛がったり、引き立てること。

    贔屓の語源・由来

    贔屓の「贔」の漢字は、貝(財貨)を三つ合わせて重い荷を背負うことを意味する。
    「屓」の漢字は、鼻息を荒くすることを表す。
    この二つが合わさった「贔屓」は、鼻息を荒くして力んだり、力を込めるという意味で用いられた。
    そこから、贔屓は特定の人を助けるために力を入れたり、目をかける意味に転じた。
    中国では、碑文のの下で支える形に彫られた亀を「贔屓」と呼ぶため、これを贔屓の語源とされることも多い。
    この亀は、土台となり力を入れて支える姿から、「贔屓」と呼ばれるようになったもので、特定の人に対してする「贔屓」の語源ではない。
    贔屓の読み「ひいき」は、漢字音の「ひき」が長音変化したものである。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。