立ち往生/たちおうじょう

意味

立ち往生とは、身動きのとれない状態になること。行き詰まって処置に困ること。

立ち往生の語源・由来

往生とは死ぬことで、立ち往生の本来の意味は、立ったままの姿勢で死ぬことである。
それが身動きの取れない状態になる意味に転じたのは、「弁慶の立ち往生」のに由来する。
それは、弁慶が衣川の戦いでに無数の矢を受けながらも、薙刀を杖に仁王立ちしたまま死んだという話である。


TOP