進退窮まる/しんたいきわまる

進退窮まるの意味

進退窮まるとは、進むことも退くこともできず、困難な状態に陥ること。

進退窮まるの由来・語源

進退窮まるは、中国最古の詩集『詩経』の「また言あり、進退維(これ)谷(きは)まる」による。
「きわまる」が「谷まる」と書かれるのは、険しい山の谷間に落ちると、進みも退きもできない状態になるためである。
古く、「進退」は「しんだい」と読まれていた。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。