乞食/こじき

乞食の意味

乞食とは、から金銭・食べ物などをもらって生きていくこと。また、それをする者。

乞食の由来・語源

乞食は、中国から仏教用語として入った語。
本来、乞食は修行僧がの門前に立ち、施しのや金銭を受けて回ることを意味したが、物もらいの意味ばかりが強調されるようになり、修行僧以外の金品を乞う者をさすことが多くなった。
乞食の読みは「こつじき」であったが、しだいに「こじき」となった。
「こつじき」の「こつ」は「乞」の慣用音、「じき」は「食」の慣用音である。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。