胡麻をする/胡麻を摺る/ごまをする

    意味

    ごまをするとは、に気に入られるような振る舞いをして、自分の利益をはかること。名詞形は「ごますり」。

    ごまをするの由来・語源

    ごまをするは、煎ったゴマをすり鉢ですり潰すと、あちこちにゴマがくっつくことから、人にへつらう意味で用いられた言葉である。
    商人などの手を揉む仕草も、ゴマをする姿に似ているため、その仕草が「ごまをする」の語源とする説もあるが、あまり有力とされていない。
    ただし、擂ったゴマがあちこちにくっつくことと、ゴマをする仕草の両方からと考えることは出来る。
    この言葉は、江戸末期の『皇都午睡(こうとごすい)』にも見られ、「追従するをおべっかといひしが、近世、胡麻を摺ると流行詞(はやりことば)に変名しけり」とある。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。