人を呪わば穴二つ/ひとをのろわばあなふたつ

意味

人を呪わば穴二つとは、を陥れようとしたり害を与えたりすれば、自分もまた同じ目に遭うというたとえ。

人を呪わば穴二つの語源・由来

「人を呪わば穴二つ掘れ」の略で、穴は「墓穴」の意味。
人を呪い殺そうとすると、その報いで自分も殺されて、墓穴が二つ必要になることにたとえ、人に害を与えれば自分に返って来るという、戒めとして使われる。

インターネット上では、陰陽師が人を呪い殺すことに成功しても、相手の呪い返しによって死ぬこともあるため、自分も死ぬ覚悟で呪殺していたことから、「人を呪わば穴二つ」ということわざが生まれたとする記事が多く見られる。
しかし、これは「呪い」と「自分も死ぬ覚悟」から作られた出鱈目な説。
「人を呪わば穴二つ」の最も古い例は1691年の俳諧『若みどり』で、平安時代の陰陽師とは時代的に大きな隔たりがあり、陰陽師に由来すると書かれた文献も存在しない。

人を呪わば穴二つの類語・言い換え

人を祈らば穴二つ/人を崇らば穴二つ/人を呪えば身を呪う/人を憎むは身を憎む/人を謀れば人に謀らる/人を傷る者は己を傷る/剣を使う者は剣で死ぬ/剣を執る者は剣で亡ぶ/人捕る亀は人に捕られる/墓穴を掘る/悪因悪果/天に唾する/天に向かって唾を吐く/天を仰いで唾する/仰いで唾を吐く/寝て吐く唾は身へかかる/泥を打てば面へはねる/お天道様に石/因果応報/因果覿面/因果歴然/因果は巡る/悪事身にとまる/悪事身に返る/狩人罠にかかる/自業自得/自業自縛/自縄自縛/身から出た錆/刃の錆は刃より出でて刃を腐らす/我が刀で首切る/爾に出ずるものは爾に反る/平家を滅ぼすは平家/六国を滅ぼす者は六国なり/自分で撒いた種/自分で自分の首を絞める/自爆/報い/祟り/罰当たり/罰が当たる/仏罰をこうむる/神罰が下る/悪報/応報/業報/業果

TOP