サックス/sax

    意味

    サックスとは、J字形をした金属製の木管楽器。木管楽器と金管楽器の中間の音色をもつ。サクソフォーン。

    サックスの由来・語源

    英語「saxophone(サクソフォーン)」からの外来語で、「サックス(sax)」は口語での略称。
    19世紀中頃、ベルギーの管楽器製作者が、ヴァイオリンやチェロ、ヴィオラなどのように、同じような音色で幅広い音域をカバーできる木管楽器を作るため、クラリネットを改良して考案した。
    この考案者の名をアドルフ・サックス(Antoine Joseph Adolphe Sax)といい、彼の名前「sax」と「phone(音)」から「saxophone」と名付けられた。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。