オットセイ/膃肭臍/おっとせい

オットセイの意味

オットセイとは、食肉目アシカ科の海生哺乳類。海岸に近い場所に一夫多妻の集団をつくり繁殖する。

オットセイの由来・語源

オットセイはアイヌ語で「onnep(オンネプ・オンネップ)といい、これが中国で「膃肭(オツドツ)」と音訳された。
中国ではオットセイの陰茎が強精剤として珍重され、名前を「膃肭臍(オツドツセイ)」といった。
これは、陰茎がへそに近い位置にあるため、「臍」の字を当てたものである。
薬名の「膃肭臍」が日本に入り、動物そのものも「オットセイ」と呼ぶようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。