諏訪市/すわし

意味

諏訪市とは、長野県の中央部に位置する市。成立は昭和16年。

諏訪市の語源・由来

古代には、諏訪・諏方・州羽・須波などと表記されたが、いずれも音は「スハ」であった。
音の「スハ」から考えられる説には、砂地の湖岸の意味で「砂端(スハ)」もあるが、「洲端(スハ)」の説が有力である。
洲端は宮川の三角州の端のことで、洲の端にあるとして、諏訪湖を「洲端の海」と呼んだ可能性が高い
『古事記』には、大国主命のの建御名方命が追われて、州羽の海(現在の諏訪湖)に逃げ延びたというがある。

諏訪市のシンボル

市の:キハダ、カリン
市の:アヤメ(ハナショウブ)、ニッコウキスゲ

長野県の市町村名

長野市松本市上田市/岡谷市/飯田市/須坂市/小諸市/伊那市/駒ヶ根市/中野市/大町市/飯山市/茅野市/塩尻市/佐久市/千曲市/東御市/安曇野市/小海町/川上村/南牧村/南相木村/北相木村/佐久穂町/軽井沢町/御代田町/立科町/青木村/長和町/下諏訪町/富士見町/原村/辰野町/箕輪町/飯島町/南箕輪村/中川村/宮田村/松川町/高森町/阿南町/阿智村/平谷村/根羽村/下條村/売木村/天龍村/泰阜村/喬木村/豊丘村/大鹿村/上松町/南木曽町/木祖村/王滝村/大桑村/木曽町/麻績村/生坂村/山形村/朝日村/筑北村/池田町/松川村/白馬村/小谷村/坂城町/小布施町/高山村/山ノ内町/木島平村/野沢温泉村/信濃町/小川村/飯綱町/栄村

TOP