ままかり

ままかりの意味

ままかりとは、岡山県など瀬戸内海岸で、ニシン科の「サッパ」の異名。また、これにをふり、に漬け込んだもの。

ままかりの由来・語源

ままかりの「まま」は、「まんま」と同じで「」を意味し、漢字では「飯借り」と書く
この魚の酢漬けがあまりにも美味しいため、飯がなくなってしまい、隣のから飯(まま)を借り(かり)てでも食べたくなるところから、「ままかり」となった。
ままかりの酢漬けは、豊漁と不漁の差が大きい魚であるため、豊漁で食べきれなかったものを酢漬けにして保存したのが始まりといわれる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。