絵に描いた餅/えにかいたもち

意味

絵に描いた餅とは、実際は何の役にも立たないもの。また、実物でなければ何の値打ちもないことのたとえ。

絵に描いた餅の由来・語源

どんなに上手に描いたであっても、見るだけのもので食べられないことから、「絵に描いた餅」とたとえるようになった。
このことわざの出典は『三国志』魏志「盧毓伝」で、魏の文帝が「名声や評判というものは、地面に描いた餅の絵が食べられないのと同じで、何の役にも立たない」と言ったという故事に由来するといわれることがある。
しかし、類語の「画餅」の由来としては考えられるが、「絵に描いた餅」と「画餅」の関連性は明確ではなく、日本中国で似た表現をしていたというのが大方の見方である。

「絵に描いた餅」の類語・言い換え

1

2

TOP