ムラサキ/紫/むらさき

紫の意味

紫とは、の一種での中間の色の総称。ムラサキ科の多年草。醤油イワシをいう女房詞。

紫の語源・由来

色の紫は、植物のムラサキの根に含まれる色素によって染められた色で、植物名が染色名に転用されたものである。
植物のムラサキが群れて咲くことから「群れ咲き」の意味とする説と、の色がムラになって咲くことから「むらさき」になったとする説がある。
すし屋などで醤油を「紫」と言うのは、醤油の色に由来する。
女房詞でイワシを表すのは、イワシの集まる時間は海面が紫になることからか、「あゆ)」に勝るところから紫は「藍(あい)」に勝るとかけたものである。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。