ハトムギ/鳩麦/はとむぎ

意味

ハトムギとは、イネ科の一年草。アジアの熱帯地方の原産。ジュズダマの変種とされる。果実は「薏苡仁」といい、薬用・食用にし、ハトムギ茶としても用いられる。

ハトムギの語源・由来

ハトムギは、ハト食べる麦の意味が通説となっているが、エンバクの原種「カラスムギ烏麦)」からの類推で付けられた名であろう。
また、ハトムギは別名を「はっと麦」と言い、たくさん採れることから「八斗麦(はっとむぎ)」に由来する説もある。
しかし、「はっと麦」は「はと麦」が転じた呼称で、「八斗」の「斗」は量よりも体積をいうため考え難い。
ハトムギは享保年間(1716年〜1736年)に中国から渡来したと言われ、古くは「唐麦」と呼ばれた。

ハトムギの別名・類語

四国麦/はっと麦/唐麦/薏苡/川穀

TOP