土砂降り/どしゃぶり

意味

土砂降りとは、が非常に激しく降ること。また、その雨。

土砂降りの語源・由来

土砂降りの「土砂」は当て字で、土や砂が降ってきたり、跳ねたりすることを表したものではない。
「どしゃ」は、雨が激しく降って発するや、その様子を表す擬音語「どしゃどしゃ」の「どしゃ」。
雨が激しく降る音の「ざあざあ(ざーざー)」を使って「ざあざあ降り」というように、どしゃどしゃ降ることを「どしゃ降り」という。
土砂降りの「どしゃ」は、どさくさの「どさ」に由来するといわれることもあるが、程度の低い俗説である。

土砂降りの類語・言い換え

大降り/本降り/ざあざあ降り/降り荒ぶ篠突く雨/篠を束ねるような/猛烈な/激しい/降りしきる/大雨/豪雨/強雨/暴雨/雨飛/沛雨/盆を覆すような/バケツをひっくり返したような

TOP