お仕着せ/おしきせ

意味

お仕着せとは、上から一方的に押し付けられたり、定められたりすること。

お仕着せの語源・由来

お仕着せは、江戸時代頃から見られる語で、接頭語「お」を伴なわず「仕着せ」「為着せ」の形で使われた。
この当時の「仕着せ(為着せ)」は、主人から奉公人へ与える着物のことを言った。
季節毎に衣服が与えられたことから「四季施」という字も当てられたが、普通はと暮れの二回で、現代のボーナスに近い意味があった。
やがて、時候に合わせて着物が与えられていたため、お仕着せは型どおりに物事が進められる意味となり、決まりごとの意味でも使われるようになった。
意味の変化に合わせ、お仕着せを「押し着せ」と感じられたのか、昭和中頃から「一方的に押し付けられる」という意味に変化した。

TOP