ケチ/けち

意味

ケチとは、金品を惜しがって出さないこと。卑しいこと。また、その。吝嗇(りんしょく)。

ケチの語源・由来

ケチは、「けちをつける」や「けちがつく」の語源と同じく、不吉なことを意味する「怪事(けじ)」が訛った語。
江戸時代以降、ケチは「粗末で貧弱なさま」「いやしい」などの意味を持つようになり、現在の意味で使われるようになっていった。
ケチの漢字はないが、「吝嗇」を当てて書くこともある。

ケチの類語・言い換え

ケチ臭い/ケチケチ/けちんぼ/けちん坊/吝嗇/鄙吝/がめつい/吝い/しみったれ/せこい/みみっちい/世知辛い/慳貪/こすい/こすっからい/こすからい/すこい/卑しい/財布堅いうるさいに汚い/汚い/シビア/欲深い/欲深/強欲/胴欲/欲張り/欲の塊/あこぎ/拝金主義/マンモニズム/節約/倹約/吝ん坊/吝嗇家/物惜しみ/一文惜しみ/銭ゲバ/我利我利亡者の亡者/伊勢屋/握り屋/守銭奴/拝金主義者

TOP