バッテラ

    意味

    バッテラとは、しめ鯖の押し鮨。しめた鯖をに乗せ、棒状にしてで包んだり、箱型に入れたりしたもの。

    バッテラの語源・由来

    バッテラの語源は、ポルトガル語で小舟を意味する「bateira(バッテイラ)」。
    明治26年(1893年)頃、大阪順慶町の鮨屋がコノシロの片身を鮨に乗せた形が、小舟に似ていたため「バッテラ」と名付けられた。
    これが鯖寿司に応用され、次第にしめ鯖の押し鮨を「バッテラ」と呼ぶようになった。
    江戸時代の文献にも「バッテラ」や「バッテイラ」の語は見られるが、「小舟」の意味以外では用いられていない。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。