神楽/かぐら

意味

神楽とは、をまつるために奏する舞楽。能の舞・狂言の舞・歌舞伎下座音楽のひとつ。

神楽の由来・語源

かぐらは、神霊の宿る場所として神座を設け舞楽を奏したことから、「神座(かむくら・かみくら)」が転じた語で、「かむくら」から「かんぐら」「かぐら」と変化したものであろう。
『十六夜日記』には、「かくら」といった例も見られる。

漢字の「神楽」は、舞楽の意味と「かぐら」の音から付けられたと考えられる。
神楽には平安中期から宮中に伝わるものと、「里神楽」と呼ばれる民間の神楽があり、『天岩戸(あまのいわと)』における舞が日本最古といわれる。


TOP