ラピスラズリ/lapis lazuli

ラピスラズリの意味

ラピスラズリとは、青金石を多く含む鉱物。12月の誕生石。瑠璃(るり)。ラズライト。

ラピスラズリの語源・由来

ラピスラズリは、「ラピス(lapis)」と「ラズリ(lazuli)」からなる語。
「ラピス」はラテン語で「石」を意味する「lapis」、「ラズリ」はペルシャ語で「青」や「空」を意味する「lazward」に由来する。

古くは青金石(ラズライト)のことを指して「ラピスラズリ」と呼んだが、現在は主成分となる青金石を多く含むものを指し、特に宝石にするものを「ラピスラズリ」と呼ぶ。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。