菜種梅雨/なたねづゆ

意味

菜種梅雨とは、3月下旬から4月にかけて降り続く、寒々としたの長雨。

菜種梅雨の由来・語源

菜種梅雨は、菜の花(アブラナの)が盛りの頃に降り続く長雨を、梅雨になぞらえていった名。
アブラナの種子からとったを「菜種油」と言うとおり、「菜種」はアブラナの種子のことだが、アブラナの別名でもある。

「菜種梅雨」の類語・言い換え

1

2

TOP