世界/せかい

意味

世界とは、地球上のすべての国家や地域。人間社会の全体。世間。同類の集まり。ある特定の活動範囲・領域。

世界の語源・由来

世界は仏教語で、サンスクリット語「lokadhātu」の訳。
「世」は過去・現在・未来の三世のことで、すべての時間を表し、「界」は東西南北上下のことで、すべての空間を意味する。
つまり世界は、すべての時間と空間に及ぶ全体をいった語で、現在使われている意味よりも広範囲である。
世界が表す範囲は時代によって異なるが、「地球」や「万国」の意味での使用は、マテオ・リッチの『坤輿万国全図(世界地図)』をもとに『世界図屏風』が多く製作された江戸時代に広まった。

「世界」の類語・言い換え

1

2

TOP