禍福は糾える縄の如し

意味

禍福は糾える縄の如しとは、この世の幸と不幸は表裏をなすものであることのたとえ。

禍福は糾える縄の如しの語源・由来

出典は『史記・南越伝』の「因禍為福、成敗之転、譬若糾纏(禍に因りて福を為す。成敗の転ずるは、たとえば糾える縄の如し)」から。
禍福は糾える縄の如しの「禍福」は、災難と幸福、不運と幸運、吉凶を意味する語。
「糾える(糾う)」は、糸やなどがより合わせた状態や、交互に絡ませた状態を表す言葉である。
幸福と不幸(禍)は、撚り合わせた縄のように表裏をなしており、禍が幸福の元になったり、幸福が禍の元となる。また、より合わせた1本の縄のように、幸と不幸は交互に来るものであることをたとえて「禍福は糾える縄の如し」という。
四字熟語では、「禍福糾縄」や「禍福糾纆」と表す。

禍福は糾える縄の如しの類語・言い換え

吉凶は糾える縄の如し/浮世の苦楽は壁一重/禍福糾縄/禍福糾纆/禍福倚伏/禍福相倚/禍福相貫/禍福之転/塞翁が馬/塞翁失馬/塞翁之馬/人間万事塞翁が馬/いい後は悪い/善の裏は悪/一の裏は六/人生楽ありゃ苦もあるさ/楽あれば苦あり/苦あれば楽あり/苦楽は相伴う/苦楽は生涯の道づれ/憂えあれば喜びあり/沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり/明日は淵瀬/昨日の淵は今日の瀬/淵瀬

関連リンク

TOP