大鋸屑/おがくず

意味

おがくずとは、のこぎりなどで木材をひいたときに出る木屑。のこくず。

おがくずの由来・語源

おがくずの「おが(大鋸)」は、二人がかりで挽く大きなのこぎりのこと。
「おが」で木材をひいたときに出る「くず」なので、「おがくず」と言うようになった。
大きなのこぎりを「おが」というのは、「大(おお・おほ)」と「ががり」からなる「おおががり(おほががり)」が略されたもの。
「ががり」は、をひくから生じた「大鋸」の異名である。


TOP