金/かね

    意味

    金とは、金・銀・銅・鉄など金属一般。お金。金銭。貨幣。

    金の由来・語源

    金の語源は諸説あるが、金属は叩くと「カンカン」と鳴ることから、音変化し「カネ」になったとする説が有力とされる。
    その他、「か」を「堅く(古語で焼く意味)」、「ね」を「練る」とした説や、土中に兼ねてからあるものとする説などがある。
    貨幣の「お金」の語源には、通貨が何にでも物を兼ねられることから「カネ」になったとする説もあるが、金属の「金」と区別して語源を考えるのは不自然である。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。