我慢/がまん

    意味

    我慢とは、堪え忍ぶこと。辛抱すること。

    我慢の由来・語源

    我慢は、仏教語で七慢のひとつで、サンスクリット語「mana(マーナ)」の漢訳。
    仏教で「慢」は、思い上がりのをいい、その心理状態を七つに分けたものが「七慢」である。
    その中の「我慢」は、自分に執着することから起こる慢心を意味し、「高慢」「驕り」「自惚れ」などと同義語であった。
    そこから意味が転じ、我慢は「我を張る」「強情」などの意味で使われるようになった。
    さらに、強情な態度はに弱みを見せまいと耐え忍ぶ姿に見えるため、近世後期頃から、現在使われている我慢の意味となった。

    我慢の元となる「七慢」は、「慢(まん)」「過慢(かまん)」「慢過慢(まんかまん)」「増上慢(ぞうじょうまん)」「我慢(がまん)」「卑慢(ひまん)」「邪慢(じゃまん)」で、それぞれの意味は以下の通り。ただし、文献によって解釈が異なる部分もある。
    慢とは、他と比較しておごり高ぶること。
    過慢とは、自分と同等の人に対し、自分の方が上だと思うこと。
    慢過慢とは、自分より優れた者に対し、自分の方がもっと上だと思い誤ること。
    増上慢とは、悟りの域に達していないのに、既に悟っているという自惚れの心。
    我慢とは、自分に執着することから起こる慢心のこと。
    卑慢とは、はるかに優れた者と比較し、自分は少ししか劣っていないと思うこと。
    邪慢とは、間違った行いをしても、正しいことをしたと言い張ること。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。