炭/墨/すみ

    意味

    炭とは、薪材を蒸し焼きにして、燃料や貯火用にする黒塊。木炭。などが焼けてくなったもの。
    墨とは、油煙や松煙をにかわで固めたもの。また、これをと共にですってできる黒の液。墨汁。絵具を固めて作り、硯などですって絵などを描くに用いるもの。朱墨など。物を燃やした時に出るすす。タコ・イカの体内にある黒い汁。

    炭/墨の語源・由来

    墨を「すみ」というのは、油煙の炭で作ることからで、「炭」と同源。
    漢字の「墨」は、漢音で「ボク」、呉音では「モク」である。
    炭の語源は、触ると黒くなることから「そみ(染)」の転か、火が消えた後の意味で「済み」の意味と考えられる。
    その他、すすのなど「煤(すす)」と関連付ける説もある。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。