書き入れ時/かきいれどき

    意味

    書き入れ時とは、商売が繁盛して、最も利益の上がる

    書き入れ時の由来・語源

    書き入れ時は、帳簿に書き入れることに由来する。
    商売で売れ行きが良い時には、帳簿に取引の数字を書き入れることが多くなる。
    そのことから、商売が繁盛するときを「書き入れ時」というようになった。
    語源からも分かるとおり、かきいれどきの漢字は「書き入れ時」であるが、「掻き入れ時」の誤字も多い。
    これは、お客や儲け(お金)を掻き集める意味から。また、福を掻き集める縁起物の「熊手」のイメージからと思われる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。