旬/しゅん

旬の意味

旬とは、魚介類・野菜などが出盛りで最も美味な時期。物事を行うのに最適の時期。季節的に最盛である時期。

旬の由来・語源

旬は「10日」を意味する言葉である。
本来の読みは「じゅん」であるが、漢音で「しゅん」と読むのが習慣であった。
古くは、毎旬の初め(1日・11日・21日)との後半の初め(16日)に、天皇が臣下から政務を聞き、宴を催す儀式を「旬」と称した。
平安中期以後、この儀式は4月1日と10月1日だけになり、4月を「孟夏の旬」、10月を「孟冬の旬」と称し、二つを合わせて「二孟の旬」といった。
孟夏の旬には「」、孟冬の旬にはアユの幼魚である「氷魚(ひお)」を賜ったことから、最盛の時期・魚介類や野菜などの最もおいしい時期を「旬」と言うようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。