無病息災/むびょうそくさい

無病息災の意味

無病息災とは、病気をせず健康であること。

無病息災の由来・語源

「無病」も「息災」も、病気をしないこと、何事もなく達者なことを意味する。
「息災」は仏教語で、の力で災害や病気などの災いを防ぎとめることをいった。
息災の「息」は、「とどめる」の意味。
「息」が「とどめる」を意味するのは、「休息」や「息をつく」という語があるように、静かに息づく意味から転じたものである。
鎌倉時代の随筆『徒然草』に「息災なるも、に大事の病者となりて」とあるように、古くは形容動詞としても「息災」は用いられた。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。