完璧/かんぺき

意味

完璧とは、欠点や不足が全くなく、非常に立派なこと。また、そのさま。完全無欠。

完璧の語源・由来

完璧の「璧(へき)」は、平らで中央に孔のあいた宝玉のことで、完璧は「のない玉」が本来の意味である。
完璧が現在使われる意味となったのは、中国の故事に由来する。
中国の戦国時代、趙の国にあった「和氏の璧(かしのへき)」と呼ばれる立派な璧を、秦の国王 昭王(しょうおう)が欲しくなって、「秦の15の城と交換したい」と申し出た。
藺相如(りんしょうじょ)が秦の国へ使いに行ったが、城と交換する気配がなかったため、藺相如は璧を懸けで持ち帰った。
その故事を「完璧而帰(璧をまっとうして帰る)」といい、大事なことを成し遂げることや、欠点が全くないさまを「完璧」と表すようになった。

完璧の漢字書く際、「壁(かべ)」の字を用いた「完壁」という誤字が多く見られる。
かんぺきの「ぺき」が「玉」の意味であったことを覚えておけば、「、」を忘れず、完璧な「完璧」の漢字が書ける。

完璧の類語・言い換え

パーフェクト/全璧/完全無欠/パーペキ/完全/万全/十全/大全/コンプリート/全備/万端/100パーセント/十分/確実/正確/確か/無欠/無傷/丸/全い/満点/満足/100点/全美/立派あっぱれ素晴らしいファビュラス/見事/ナイスばっちり/ばっちし/バッチグー/文句なし/結構/上々/上乗/こよない/抜群/理想的/徹底的/間然するところがない/非の打ち所がない/非難する所がない/文句のつけようがない/申し分ない/隙がない/一点の曇りもない

関連リンク

TOP