高を括る/たかをくくる

    意味

    たかをくくるとは、その程度を安易に予測する。高が知れたことだとあなどる。

    たかをくくるの語源・由来

    たかをくくるの「たか(高)」は、「生産高」「残高」など物の数量や金額を見積もったの合計額のことで、数量の程度を表す。
    「くくる」は、「まとめる」「物事に区切りをつける」こと。
    つまり、この程度(高)だろうとまとめる(括る)ことの意味。
    そこから、安易に予測したり、大したことはないと侮ることを「たかをくくる」と言うようになった。
    「たかをくくる」に、大したことはないと侮る意味が含まれるようになったのは、戦いの際に勝敗の見込みを予測するため、相手の領地の「石高」を計算したことからといわれる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。