つかの間/束の間/つかのま

束の間の意味

束の間とは、ごく僅かの時間。ちょっとの時間。

束の間の語源・由来

束の間の「束」はと、上代の長さの単位。
一束が4本分の幅、つまり一握り分ほどの短い幅のことである。
幅の長さから時間の長さにたとえられ、ほんのちょっとの時間を「束の間」と言うようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。