ガチョウ/鵞鳥/がちょう

意味

ガチョウとは、野生のガンから作られた家禽。ヨーロッパ産のガチョウはハイイロガンを原種とし、中国・シベリア産のガチョウはサカツラガンが原種。くちばしの上にこぶがある。

ガチョウの由来・語源

ガチョウは、現代では「鵞鳥」と表記されるが、古くは「鵝」の文字が用いられ、単に「ガ」と呼ばれていた。
「鵝」は「ガガ」と鳴く声を写した「我」と「」との会意で、ガチョウの「ガ」は鳴き声が語源となる。
その「ガ」に、鳥類であることを表すため「鳥(チョウ)」が加えられ、「ガチョウ」となった。
「ガチョウ」の呼び名が一般化したのは、江戸時代以降である。


TOP