イタチ/鼬/いたち

    意味

    イタチとは、食肉目イタチ科の哺乳類の総称。は細く、が短く、尾は長い。夜行性でネズミニワトリ、昆虫などを捕食。敵に襲われると肛門腺から悪臭を放って逃げる。

    イタチの由来・語源

    イタチの語源は諸説あるが、代表的な説は以下のとおりである。
    1.を捕らえるのが上手く、食い尽くしてしまうため「ウオタチ(魚絶ち)」の説。
    2.イタチは体毛がく、を上げて立ち上がった姿が火柱に似ることから、「ヒタチ(火立ち)」の説。
    3.獲物を捕らえる、息をしないで近づくことから、「イキタチ(息絶ち)」の説。
    4.敵に襲われると屁を放って逃げることから、「イタヘハナチ(痛苦屁放)」の説。
    5.イタチは伸びをして周囲の状況を偵察することから、「立つ」に軽くはずみを表す発語の接頭語「い」を加えた「いっ立ち」が転じたとする説がある。
    断定は難しいが、にしやすいイタチの習性は立っている姿なので、「2」か「5」の説が有力と考えられる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。